しぼりかす

主に任天堂カップ2000について考えます。

威張る+身代わり55サンダー編成 (叩き台)

やっとこさ55サンダーの編成がまあまあの形になりましたので報告します

LV 種族    技1     技2     技3     技4     アイテム  
155サンダ- 10まんボルトめざめるパワ-いばる みがわり たべのこし
250ブラッキ-くろいまなざしバトンタッチ リフレクタ- どくどく まひなおしのみ
350ヌオ- じしん なみのり のろい ねむる はっかのみ
450パルシェンなみのり まきびし のろい だいばくはつ おうごんのみ
550ヘラクロスメガホ-ン のろい こらえる きしかいせい きせきのみ
650カビゴン おんがえし のろい リフレクタ- じばく せんせいのツメ


多分、威張る+身代わり55サンダーはもう一匹サブのエースを立てたほうが真価を発揮しやすいです。
今回は私が威張る+身代わり55サンダーを全然わかっていない状態から構築を始めたのでシングルエースにこだわってみました。
シングルエースにこだわって構築すると、そのエースのたて方をがんばって考えることになります。なのでそのポケモンについて理解を深めたいときにおススメです。
以下パーティ解説

55サンダー・・・よく見る威張る+身代わり55サンダーの形、かみなりor10まんボルトは流派が分かれると思います。私はパルシェンとか10まんボルトでも一発で倒しきれるポケモンに、大爆発とか食らいたくないので10まんボルトです。ハピナスとかライコウとかを倒したいときとかはかみなりを採用します。

50ブラッキー・・・エアームドパルシェンに対して後攻バトンでサンダーを出す役。吹き飛ばしとかされる時にリフレクターを残します。後カビゴンなんかにどくどくをして、サンダーで身代わり連打で削る予定。

50ヌオー・・・サンダーが突破できないハピナスライコウの相手をする役。パルシェンとかとも少しは殴り合えるヌオーを採用。サンダーとブラッキーがどちらも相手をしたくないハガネールに強いのもポイント。

50パルシェン・・・とりあえず爆弾+まきびしでサンダーの突破力増強。サンダーがいやな対面(vsカビゴン)をした時にとりあえずいったん出して爆発する、って行動が取れると動きやすかったです。

50ヘラクロス・・・フシギバナとどちらを採用しようか悩み中。対バンギラスをこなす役。サンダーがナッシーと対面してサイコキネシスと粉技(大爆発)との二択を迫られたときに一旦出すこともできます。

50カビゴン・・・とりあえず爆弾その2。いやな対面(vsライコウ)用。ライコウがいる時はそもそもサンダーを出せないんですが。。


対戦相手にハピナスライコウがいてサンダーが突破役として機能しなくなると、サンダーがただのお荷物にしかならず苦しくなります。回復手段が食べ残ししかないサンダーは盾として使えないのが原因だと思います。
その為、ハピナスライコウがいた時に何とかLv50のポケモンだけで戦えるようにがんばったつもりです。

威張る+身代わり55サンダーの本当の強さは相手の選出を縛ることにある気がするので、、
前回の腹太鼓カビゴンのように個別に対策できるポケモンを挙げても意味が無いかな~と思います。
ほんで、まじめに対策を考えようとするとそれぞれのパーティの構成?をしっかりと考察する必要がありそうなので、私には荷が重いです。


なので、55サンダー対策については書きません。。次からは私が使っていたパーティ(55フリーザーとか55メガニウムとか?)を紹介しようと思うのですが、データがどっかいっちゃいました ))ので紹介する前に構築しなおす必要があります。
構築しようとすると時間がかかるので、「yaniさんのこんなパーティが見たい!」みたいなリクエストがあればコメントしてくれるとありがたいです。(コメント乞食をしてみるテスト))

レベル編成雑感

大会お疲れ様でした。私も参戦したかった))予定が合わないとしょうがないね))

 

さて、急に話を振りますが、、私が組むパーティをレベル編成別に大雑把に解説します。(もっといっぱいパーティ紹介してからこういう記事書くべきでしょう))

 ※最近はあまり頻繁にお城に行けないので、久しぶりに行く時には過去ログサイトを覗かせてもらって、流行っていそうなor気に入ったパーティの対策をするようにしています。

 

55単独エース・・・私が組むパーティのほぼ全てがこの編成。そもそもパーティ組むモチベーションがエースにするポケモンを活躍させることなので、たまに使っているダブルエース編成は妥協でサブエースを立てているバージョンです。

 

55ダブルエース・・・妥協によるパーティ。基本的にエースは必ず一番上とその下or一番下に配置して、上のほうがメインエースです。(公表しちゃったから次対戦するときは意識してシャッフルするようにします))

他の人が解説するような攻撃範囲をずらすとかそもそも相手の選出を縛ったりするような編成は殆ど作ってません。

 

53ハーフエースや52,51バランス編成・・・特別に防御に寄せて組みたいときに良く使います。ゲンガーやエアームドライコウ辺りにレベルを振って使ってます。

他に

53カビゴン 恩返し 鈍い 眠る 寝言 @光の粉or食べ残し

52エアームド ドリル 鈍い 飛ばし 毒or眠る @食べ残しor薄荷の実

辺りを盾に使って

50ドーブル じたばた 腹太鼓 身代わり 胞子etc @奇跡の実etc

      地球投げ 宿木 身代わり アンコールetc @食べ残しetc

50ルージュラ 冷凍ビーム 悪魔のキッス 身代わり 威張る @食べ残し

50フシギバナ 目覚パ(氷) 成長 宿木 身代わり @麻痺治しetc

辺りのニッチな抜きポケモンを詰め込む編成が一時期ブームでした。

 

トリプルエース・カルテットエース・・・組んだことない、そもそも嫌い。(言葉悪くてごめんなさい)エースを複数立てるメリットとポケモン選出の択が減るデメリットを比べると私はどうしてもデメリットが気になっちゃいます。

 

 

・ここから算数コーナー

6匹パーティから3匹を選出する任天堂カップ2000のルールだと、最大で見せ合いから

(6匹から3匹選択)×(先頭ポケモン選択)=(6×5×4÷3÷2÷1)×3=60通り

の選出方法があります。

この時

シングルエースは60通り

ダブルエースは48通り

トリプルエースは30通り

カルテットエースは12通り

とLv55のポケモンを増やすとバリバリ選出の幅が狭まります。

 

因みに見方を変えて、エースを必ず選出する縛りがあるとした時

シングルエースで30通り

ダブルエースで36通り

トリプルエースで27通り

カルテットエースだと12通り

まで数値が肉薄し、ダブルエースが一番多くなります。この数字を見るとダブルエースが強い理由がなんとなく分かる気がします。

 

更に、エースを必ず選出する縛りの上でLv50ポケモンのみの選出方法(つまりLv50ポケモン二匹の選び方)は

シングルエースで10通り

ダブルエースで6通り

トリプルエースで3通り

カルテットエースだと1通りしかありません

なのでエースの数が多いパーティと対戦するときはLv50ポケモンに焦点を絞るとすごく選出がしやすいです。

 

私は見せ合いから三匹選出の相手の選出の択ほぼ全てに満遍なく対応しようとする癖があります。

なので、攻撃範囲を逆にした攻撃的なダブルエースパーティ(ガラガラ+サンダーやヘラクロスバクフーン等)がすごく苦手です。

因みにトリプルエース以上が相手のときだとエースがいっぱい居ますが取り巻きは三匹しか居らず、その選出の択は三通りしかないので、私はダブルエースよりもすごく戦いやすいです。

 

そういえば、直近の大会で不気味な(ほめ言葉)カルテットエースのパーティが猛威を振るっていましたが、私にはまねできません。。

 

あんまり私の弱点について語れませんでした))

次回は威張る+身代わりサンダーか色々サポート55ガラガラ(主にCH流トキワジム)対策辺りを書こうと思うのですが、そこらへんのパーティは組んだことが無いのでとりあえずどっちかを私なりに構築してみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

はらだいこ55カビゴン対策

前回の記事で宣伝したはらだいこ55カビゴン対策について、

55 カビゴン おんがえし じしん はらだいこ みがわり たべのこし

カビゴンが万全の状態で此方のポケモンが動けない状態を想定し、後出しから何とかできるポケモンの紹介をします。

 

腹太鼓を打たれることを最優先で対策しますが、此方が交換することを読んで相手カビゴンが攻撃や身代わりを打ってきた時に何かしらの対策ができるポケモンが評価高いです。

 

 

・半分以上削れる

55ガラガラ・・・カビゴンが食べ残しありだと半分ちょいの確立での乱数になるが、ホネブーメランで身代わりを割りながらダメージをいれることができる点が大きなポイント

 

カイリキー・・・クロスチョップでどのレベルからでも充分倒せる。黄金の実を持たせれば50レベルでもおんがえしを超高確率で二発耐える。アンコールも覚える

 

他格闘ポケモン・・・耐久力が低いので二回以上後出しは厳しい

 

・飛ばし技

エアームド・・・エアームドのみ腹太鼓後のカビゴンの攻撃を耐えることができる。Lv52以上で食べ残しを持たせるとかなりの回数後出しできるようになる。

Lv52 ドリル 毒 鈍い 飛ばし @食べ残し が色々小回りが効いてお勧め

 

・催眠技

全てのポケモンが基本的に身代わりをわれない攻撃力なので注意

 

フシギバナモルフォン等・・・ほえるや吹き飛ばしを覚えるので身代わりを飛ばせる

 

ドーブル・・・アンコールも覚えるので身代わりも対策できる

 

・アンコール

耐久力順に(ワタッコまでが黄金の実ありで高確率で恩返しを二発耐える

 

ドンファン・・・アンコールを覚えるポケモンではツボツボの次に物理耐久が高く、Lv50でもすてみタックルを確定で二発耐える。

じしん どくどく まもる アンコール @食べ残し

という型が汎用性もあり有名だが、腹太鼓カビゴンはのしかかりもかなり居るので、麻痺治しの実を持たせたい

 

カイリキー・・・クロスアンコ眠る寝言とすると寝ている間でも45%の確立でクロスチョップ命中orアンコールができる

 

ジュゴン・・・カイリキーと同じ耐久力、交換を読まれて攻撃された時に毒を打ちたいのでアンコール+どくどくはほぼ必須だと思う

 

ピクシー・・・リフレクターと月の光を持たせれば複数回後出しでき、恩返し等もあれば、相手の恩返しをアンコした場合でも10数回急所を貰わない(五割くらいの確立)と倒せる。つまり恩返しを貰ったらリフレクターを張って適当に回復を挟んで後退するのが良いと思う

 

トゲチック・・・オウム返しで身代わりや腹太鼓を返せるロマン))交換を読まれて攻撃された際のためにどくどくが欲しい。しかし同じような使い方をするならばワタッコを使った方がよかったりするでしょう

 

ワタッコ・・・リフレクターと光合成を持たせれば複数回後出しできる。眠り粉も覚える。今回紹介したポケモンの中では一番のお勧め

 

フーディンバリヤードドーブル・・・どう頑張っても恩返しを二発耐えないがドーブルは道連れも覚える


・ツボツボはアンコールを覚えるポケモンで最も硬く腹太鼓後の地震も耐えるが、カビゴンより遅い為ガッツリ削られつつ地震をアンコールする位が限界

 

・くろいきり

マタドガス・・・痛み分けがあると、地震を打たれてから痛みわけしてサンダー等の飛行に戻し地震をすかす、という立ち回りができる

 

ニョロボン・・・めざめるパワー格闘を持たせないと安定して身代わりを壊すことができない。カビゴンに後だしするという役割を持たせようとすると技欄が苦しくなると思う

 

カメックス・・・身代わりを壊せないがリフレクターも吠えるも覚える。バンギラス対策なんかも兼ねることができるので、隙間産業としては使いやすいと思う

 

ゲンガー・・・身代わりを割れないがみちづれも覚える。黒い霧と滅びの歌が両立できないのが残念

 

以下は自分も先頭不能になる技

・だいばくはつ

ゴローニャ・・・のろいなどももたせれば腹太鼓以外も対応できる。黄金の実を持たせれば50レベルでもじしんを超高確率で二発耐える。此方の地震を相手の身代わりが超低確率だが耐える

 

マタドガス等・・・大爆発以外では身代わりを割れないので注意。その中でもマタドガス黒い霧も覚えるので何とかなる

 

・みちづれ

ドーブル・・・アンコールにキノコの胞子も使えるので確実に一度はカビゴンに後出しできる。ドーブルに受け役割りをつけられるのは大きいと思います

 

ゲンガーやマタドガス等・・・大爆発か道連れかは微妙なところだと思う、他のポケモンとの兼ね合いや好みで


ムウマ

道連れのPP8を二回分は残した状態で滅びの歌を決めたい。カビゴンが鈍い等の方が楽だが、とりあえず対策できる

 

・雑感

カビゴンの持ち物が奇跡の実だと催眠技を打ち消されてしまうが、

以上にあげた中で催眠技とアンコールの両立+ワタッコはリフレクターで耐えることが、ドーブルはみちづれができるのでお勧め。

しかしカビゴンすてみタックルを持っているとドーブルは半分以上の確率で一撃、

ワタッコも一撃貰った後にリフレクターで半減しても半分以上の確率で(黄金の実があれば大丈夫)倒されてしまう。

他にカビゴンがのしかかりもちだった時のために麻痺治しの実を持たせたい。

 

この考えの下腹太鼓カビゴン対策を無駄に厚くしたパーティがこちら

  LV  種族     技1      技2      技3      技4      アイテム  
1 55 カビゴン おんがえし のろい じしん ねむる はっかのみ
2 50 ゴロ-ニャ じしん いわなだれ のろい だいばくはつ たべのこし
3 50 イノム- れいとうビ-ム ほえる ねむる ねごと とけないこおり
4 50 スイクン なみのり れいとうビ-ム ねむる ねごと おうごんのみ
5 50 ド-ブル せいなるほのお キノコのほうし アンコ-ル みちづれ きせきのみ
6 55 サンダ- かみなり めざめるパワ- ねむる ねごと じしゃく

 

過去の大会で腹太鼓カビゴンを使った優勝者が一番苦戦したと仰って下さったので(ようは腹太鼓カビゴンに負けてるじゃん))

まあまあ満足しているが全然煮詰めてないです。あと、当時全盛を誇っていた高速移動バトンや麻痺撒き大爆発を詰め込んだ55ガラガラパーティ(いわゆるCH流トキワジム)の対策も頑張っています。

 

因みに今回挙げた対策ポケモンは恩返しまでを耐える耐久(黄金の実込みとかで)が多いので、すてみタックルを持たれると厳しかったりします。でも、のしかかりも考えると麻痺治しの実を持たせたい。

 

次回はyaniさんの簡単な倒し方))にしようかなと思います

 

はらだいこ55カビゴン編成(叩き台)

 

初回の記事として腹太鼓55カビゴン対策を書こうと思ったのですが、、その前にその対策されるべき腹太鼓55カビゴンを中心とした、私なりのパーティを紹介します。

 

  LV  種族     技1      技2      技3      技4      アイテム  
1 55 カビゴン おんがえし じしん はらだいこ みがわり たべのこし
2 55 バンギラス れいとうビ-ム ばくれつパンチ ねむる ねごと ふしぎなきのみ
3 50 マルマイン 10まんボルト でんじは リフレクタ- だいばくはつ きせきのみ
4 50 ナッシ- サイコキネシス やどりぎのタネ ねむりごな しびれごな まひなおしのみ
5 50 エア-ムド ドリルくちばし どくどく どろぼう ふきとばし おうごんのみ
6 50 ゲンガー れいとうパンチ どろぼう くろいきり だいばくはつ なし

 

 この編成の強いところは、状態異状(できれば麻痺状態)のポケモンの前にカビゴンを死に出しや同時出しした時点で勝利がほぼ確定することだと思います。

 

55カビゴン・・・良く見る腹太鼓カビゴン、腹太鼓を決めれば攻撃力は足りるのでメインウェポンは反動のある捨て身タックルの採用率は低い気がする。他に自分で麻痺を撒けるのしかかりを持たせている人もいる。

55バンギラス・・・腹太鼓カビゴンは対策されるともろいのでサブエースは必要だと思います。
55ガラガラなんかに強くしたつもり。とりあえず爆裂パンチを振り回しましょう。

50マルマイン・・・腹太鼓カビゴンスーパーサブ。麻痺を撒いて、大爆発で自主退場からのカビゴン降臨の形が作れる。

50ナッシー・・・腹太鼓カビゴンスーパーサブその2。マルマインと同じことをしてもいいが、更に状態異状を撒きやすい構成に、退場は対戦相手に手を下してもらう必要あり。

50エアームド・・・55ガラガラに強い構成。ヘラクロス対策が一番の仕事

50ゲンガー・・いろいろ穴埋め担当、だいばくはつで一々交換しよう。

 

次回この腹太鼓カビゴンの対策方法を思いつく限り挙げたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

更新しない対戦考察ブログを始めました

どうもはじめまして。

ネット上でポケモン金銀の対戦シュミレーションができるサイト「ジムリーダーの城」様にて遊ばせて貰ってます。yaniと申します。

 

最近はあまり顔を出せていませんが、かなり防御よりのプレイヤーです。

 

隔月以上の周期での更新になるかと思いますが、防御よりの思考に基づく考察を垂れ流したいと存じ上げヤス。